仕事か結婚か - 結婚前に知っておくこと

   
                             

仕事か結婚か

独身の男性は、結婚しても子供を授かっても、基本的には独身の時と自分自身は何も変わりません。

責任と言う二文字が重くのしかかることは合っても、
結婚前の仕事するというスタイルはなんら変更ありません。


ただ、女性はそうもいかないのが現状です。

福利厚生で守られている大企業に勤めているのであれば別ですけど、
殆どの女性がこの狭間で悩まされています。

仕事に趣を置くか日常生活に趣を置くか。子供ができたらそれ以上です。


女性は結婚を意識した時からそれはいつも頭をかすめています。


男性は仕事上であっても結婚して一人前になる!
なんて昔から言われていますけど、
何故女性はいつも選択ばかりを求められるのでしょうか・・・
まだまだ日本は残念でなりません。

不況の昨今、共稼ぎをせざるを得ない、
もしくは、せっかく得たキャリアを捨てたくないと思いながら、
結婚を前提にお付き合いしている人は、大勢いるはずです。


そこで大切なのがやはりパートナーとの価値観となってきます。

お互いが「仕事>家庭」であると恐らく補完関係も上手くいきません。

「仕事>家庭」「仕事<家庭」のバランスを上手く保ち合える相手を選ぶ為に、
家庭観、家族観、仕事観、経済観をよくチェックし、確認することが大切になってきます。

お互いのこれだけは譲れないもの、
大切にし続けたいこと、
また、10年後の二人のビジョンを話し、
共有はもっとも大事なことでもあります。

この部分で、お互いの価値観が合致していれば、
役割分担が多くの家庭と違っていても後々もめることは少ないものです。


逆にここを避けて通ると結婚生活は大きな壁にぶつかる可能性が大きいです。

だから、時間をかけて話し合いたい、結婚前に準備をしておく重要項目の一つでもあります。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 結婚前に知っておくこと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。