結婚後に発生するめんどくさい親戚付き合い - 結婚前に知っておくこと

   
                             

結婚後に発生するめんどくさい親戚付き合い

結婚へゴールした後、発生することの一つとして、
お付き合いをしている間は、全く関係はない、
親戚付き合いが、生まれます。


相手の家族が、本土から離れていて、めったに会うことができない距離感。
であれば、仮面を、たまに会うときに被ればいいのですから、最高です。

が、近距離で付き合いが濃いときたら、苦労は永遠に続きます。


核家族が増えている現在、
親戚付き合いは、昔ほど意識することは、少なくなっているのも事実です。


しかし、どんなに価値観が合った相手で、理想的な結婚生活を送っていても、
ろくでもない親戚に、絡まれることもあります。

また、同居は、しない約束であっても、
親の病気から、急遽同居することになり、嫁姑戦争が勃発し、
余計な悩みで、頭を抱えることもありうるのが、結婚です。


結婚前に、相手の親戚付き合いに疲れ果てて、婚約破棄する例も少なくありません。

だから、結婚準備としては、
相手の親戚付き合いの度合いが、どのくらいであるのか確認することは、重要となってきます。

その確認は、あまり、難しいことではありません。
二人の関係が、深まれば、会話から読み取ることができます。

また、親戚付き合いの目安としては、相手の兄弟姉妹くらいまでが、一般的なようですが、
中では敬遠の中という兄弟もいますので、できるならば、余り前に出ないほうが無難です。


近い親戚がいる場合、配慮がない失礼な、「義○」もいることは確かです。

万が一、近づかれて身内の悪口など言われても、迂闊に乗らないことが大切です。

あくまでも相手の親戚とは必要最小限、ビジネスライクな、お付き合いを心がけるのが大切です。



また、長男でない相手を探すことが、ベストな選択ではありますが、
こればかりは縁ですから、そうも言ってられません。

結婚相手として選んだ相手の、自分の家族に対しての将来のビジョンも
確認しておくことも、重要な事柄でもあります。

結婚を邪魔する原因カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 結婚前に知っておくこと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。