結婚後に発生する家事と育児 - 結婚前に知っておくこと

   
                             

結婚後に発生する家事と育児

結婚する前の女性の中には、親と同居しているから、家事は、一切しない、という人も少なくありません。

また、一人暮らしで、洗濯や掃除は週1回くらいのみで、「ガスはお湯を沸かすくらいしか使っていない!」という人も少なくないのが現状です。

最近ではコンビニも一人暮らし用のお惣菜がありますので、別に自分だけのために料理する必要もない、便利な世の中になっていることも確かです。

ただ、結婚となると、毎日コンビニのお弁当と言うわけは、いきません。
洗濯の回数も増えるのは、必須でありますし、
これで子供ができたらなんて思うと、
楽チンな独身生活を送っている女性には、想像するだけで恐ろしい未来像です。


だから最近では「イクメン」(育児するメンズ)という言葉が、視線を浴びているように、
結婚準備婚活中の女性も、「イクメン」を見極めようと必死なのです。

なかなか、800万以上の年収の男性を、求めるのは、厳しいのは実情です。

その現実を覚悟し、結婚しても、仕事をするつもりである女性の、相手選びに「イクメン」との結婚は、必要不可欠な条件です。


が、その「イクメン」をどう見極めるかが問題です。

「イクメン」になり得ない男性は、自分の話ばかりする「オレ様」のような、性格的な人といわれています。

結婚準備中に、家事や育児の価値観を話し合うのは、とても重要です。
もし、婚約中に相手の実家に訪ねることができるのなら、父親の行動をよく見ておいたほうが、ベターです。
より相手の将来を想像することができます。


「イクメン」になれそうな男性の特徴は、
自分をよく知っていて笑顔が絶えず、かっこつけしーでは、ありません。
また、人の話をよく聞き、自分の身の回りのことは、自分でできて、
遊びも仕事も積極的にし、家族に対しての感謝を忘れず、親友がいる。

「イクメン」は、心が、「イケメン」な人が、なりうるという結果のようです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 結婚前に知っておくこと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。