結婚前の過去の栄光 - 結婚前に知っておくこと

   
                             

結婚前の過去の栄光

誰にでも輝かしい過去があります。
今が一番と言えれば最高ですが、なかなかそうはいかないのが現状です。

結婚前に、欲話し合い、そして覚悟し決意したならば、
それが自分の生活レベルを下げる結果となった時、
自分の過去を羨んでも、なんら幸せは生みません。



めでたく結婚までにいたった女性で、
以前は自身の年収が、700万以上あった人がいます。

ただ、それは過酷な仕事の毎日でした。
仕事中は女性ではいられない、男性と同格の仕事ぶりでした。

アラフォーにさしかかり疲れきった彼女は、結婚を意識しだし、
また、結婚を機に仕事を辞めようと決めていました。

そんな彼女とめでたく結婚したのは、年収600万の再婚者。
前妻は結婚し、子供は先方の養子縁組をしているとのこと。
子供とは会うことはないけど、養育費は、毎月支払うという話し合いで、お互い納得しました。

彼女は仕事を辞め、結婚に踏み切りました。
多少の辛さはこの人なら一緒に乗り越えられると信じた相手でしたから。

子供がいない二人の結婚生活は決して苦しいものではなかったのですが、
確実に独身時代の彼女の生活レベルとはかけ離れてものです。

それでも彼女は、少しでも生活レベルを上げたい気持ちと、
ご主人との生活を少しでも楽にするために、
パートに就きました。一般事務の月14万〜15万です。

700万以上年収があったような仕事をしてきた女性です。
一般事務としてパートとして14万〜15万で使われる日々には、かなりストレスを感じでいました。
そのストレス発散の為なのか、忘れられない感覚なのか、
パートの月収は、全て自分の買い物だけに費やし、
挙句の果て、それだけでは、足りずにカードまで使って買い物をしてしまう日々が、続いてしまったのです。

また、彼女のストレスは、仕事や生活レベルの他に、養育費にもあったようです。

決して自分たちの生活は楽ではないのに、
恐らく自分たちの生活レベル以上であろう、前妻の家庭になぜ養育費を払うのかと・・
ご主人に叫び散らしたこともあるようです。

恐らく前妻とのつながりが、一番彼女を苦しませいたのでしょう。

ただ、全ては婚活中に話し合い決意したことです。
ストレスさえも分かっていたことでもあります。

養育費を支払うというのは、責任ある男性の取り方です。

ご主人は、責任感が強く、きっと彼女に対しても、責任感を持って生きていく相手です。
(彼女がこれに気がついたのは少々後でしたが)

今では、優しいご主人のお陰で買い物中毒は治まり、
自分の現状を自分で理解し、結婚前前にした、決意と覚悟を思い出し、
背伸びをしない生活を、ご主人と一緒に送ろうと考えられるようになりました。


過去は振り返っても、なんら幸せは生まれません。
自分の過去も相手の過去も。

また、結婚前に、決めた決意と覚悟は、結婚にいたっても、強く心に刻んでおくことは、重要です。
特に、独身貴族の生活を、送ってきた女性にとっては、少々のことでも、大きくぶれが生じます。
全て自分が決めたこと。全て自分の出した結果であること。

それらを、十分に理解することが大切です。

結婚準備期間以上に、結婚生活は、楽なことばかりではないのですから。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 結婚前に知っておくこと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。