結婚相手はやっぱり初婚がいい? - 結婚前に知っておくこと

   
                             

結婚相手はやっぱり初婚がいい?

結婚を意識し、婚活を行う男女は、ある程度年齢を重ねているわけだから、多少の過去はつき物です。

ただ、結婚歴があるかないかは、重要な問題になってきます。

初婚同士であれば、そこはスルーですけど、
自分が初婚で、気に入ったお相手が、再婚であれば相当な話し合いが、必要となってきます。

再婚側に、子供がいなく、相手の前の人も、既に結婚しているのであれば、
初婚同士に近いくらいに、問題はありません。

が、今、子供を養っている、
もしくは、前の相手が子供を養っていると言うことであれば、
問題はやっかいです。

殆どの場合、親権は前妻が持っているはずです。
しかし、最近は、前妻に経済能力がなく、夫側が親権を持つことも、少なくありません。

また、別れた旦那の幸せを、邪魔するしょうもない前妻も多々いますから、要注意です。


そこまで言うと、再婚者にとって、道はなくなってしまうので・・・
まずは後々、トラブルの基にならないように、
しっかり話し合うことが大切です。

子供と一緒に住んでいるのなら、他人の子供と一緒に住む自分が想像できるのか。

子供と別居しいるのなら、どのような関係でいて、養育費はどうしているのか。
(前妻が、結婚していても養育費の義務は、ありますのでそこは、どうしているのか)

子供の籍はどうなっているのか。
(前妻が、子供の除籍をしていなければ、子供の籍は夫に残ったままです)

前妻や子供は、どこに住んでいて、どのくらいの距離を持てるのか。等など


相当真剣に話し合い、納得できなければ必ずトラブルになります。
また、どんなに気に入った人であっても、ここの妥協は、後で自分が苦しむだけです。

再婚側は、誠意を持ってこの問題に、取り組まなくてはならないし、
初婚側は、納得したのであればある程度の覚悟も必要です。

初婚同士の婚活も、色々な話し合いは必要ですが、
再婚が関わるのであれば、初婚同士の倍以上の話し合いがなくては、
二人の幸せは先にない!と言っても過言ではありません。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 結婚前に知っておくこと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。